中国の交通機関 中国出張 高鉄・鉄路 のお勧め記事

上海から新幹線に乗るなら上海虹橋駅がオススメ!

2016/09/20

DSCF5212ここは、上海に数年前にできた中国新幹線(高铁)専用駅、「上海虹橋駅」(”上海虹桥站”)です。
今日は、ちょっとここを散策してみましょう。

地下1階コンコース:切符売り場など

下の写真は、地下1階コンコースです。

ここで切符を購入したり、買い物を済ませたりするようですね。

P1020323

この大きな案内看板をちょっと解読してみることにしましょう。

それぞれの文字の下に英語が書いてあるので、そこを見るとすぐに分かってしまいますが、

そこはちょっと目をつぶって、中国語を読んでみましょう(^^;

中国の駅構内の案内看板の読み方

左上:「铁路售票处」(きっぷ売り場)

「铁路」とは日本語の”鉄道”のこと、「售」は”売る、販売する”、「票」はきっぷ、「处」は「~~所」という意味ですね。

右上:「出租车」(タクシー)

中国のタクシーはとても安いので、旅行などでは積極的に使うと便利ですよ。

上海のような大都市でも、初乗り料金が13元(約180円)、市内の移動なら数十元でおさまります。

グループで乗れば、一人あたり100円以内で市内のあちこちに行けますよ。

下段左から2つ目:「自动售票」(自動券売機)

下段中央:「公共汽车」(路線バス)

 「长途汽车」(長距離路線バス)

「汽车」とは”自動車”のことですね。「公共」の「汽车」で、路線バスという意味になります。

「长途汽车」は直訳すると「長距離自動車」なのですが、

「长途公共汽车」の「公共」が省略されたと考えると意味が分かりますね。

下段右:「到达」(到着(ロビー))

「达」は「達」の簡体字ですから、「到達」と読み替えると意味がなんとなく分かりますね。

中国版新幹線のきっぷ売り場

では案内表示に従って、铁路售票处」(きっぷ売り場)に行ってみたいと思います。

P1020320

さきほどと同じ表示が出ていますね。

たくさんの人が並んで、きっぷを購入しているようですよ。

券売機の上には少し小さな文字で24小时」(24時間)とあります。

中国は国土が広く、夜行列車も多いので、駅は24時間営業のようですね。(関連記事:上海~蘇州・南京への新幹線の乗り方

意外とちゃんと行列に並ぶ中国の人たち

……… (.;゚;:д:;゚;.)あれっ!!!!

たくさんの人が並んで………並んでいますね、きちんと。

ここは中国、だったはず………

 

昔の中国のきっぷ売り場と言えば、窓口に「群がる」人の固まりが通常の光景でした。

そのため、たいていの駅には、列に並ばせるための頑丈な柵(ロープではなく!)があることが多かったのですが、

近年、人々のマナーも向上してきて、このように柵がなくてもきちんと行列ができるようになってきたのですね。

まだまだ、一部の大都市での現象のようですが、人って変われるんですね~(^^

中国はマナー向上キャンペーン中

駅の中にはこんな大型広告ディスプレイもありました。

P1020331

過剰包装をやめましょう、という公共広告ですね。

火龙果」(ドラゴンフルーツ)を使った、うまい広告です。

ドラゴンフルーツの赤い部分は、とても鮮やかで目を引くのですが、実際食べられるのは中の白い部分ということをうまく使っています。

不要只看外表!(見た目にダマされないで!)

中国国内を鉄道で移動するのも、ちょっと時間はかかりますが、とても楽しい体験ですよ。

次回中国に行かれることがあればぜひ、鉄道旅行も楽しんでみてください。

ところで、海外旅行保険の準備はお済みですか?
C-STUDYイチオシのEPOSカード年会費完全無料なのに、
 海外旅行保険自動付帯
 治療保障最高270万円
 キャッシュレス診療対応
といいことづくめ。
海外旅行に行くなら持っておいて絶対損はしませんよ。
【今なら8000pt還元中】エポスカードに入会するなら今がチャンス! 

-中国の交通機関, 中国出張, 高鉄・鉄路

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:243人

関連記事