シンガポール・マレーシア のお勧め記事

マレーシアのかき氷「チェンドル」を食べてみた

2016/09/27

日本ではまだまだ暑い日が続いていますね。中国の季節はおおむね日本より1ヶ月ぐらい早く変わるという感覚があります。ちょうど、立秋などの旧暦で表す季節と、実際の季節の感覚が近いような気がします。

やはり中国で生まれた暦だからなのでしょうか。。。

 

さて、そんなまだまだ暑い日本では、アイスやかき氷がまだまだ恋しいですね。

中国の方は、基本的に夏でも冷たいものを食べることを好みませんが、(でも最近の若い人はそうでもないようです、日本と似ていますね。)台湾などの南方の中華圏に行くと、かき氷などの冷たい食べ物も好まれるようです。

写真は、同じく中華圏のマレーシアのかき氷(チェンドル)です。黒蜜と練乳がかかっています。

Cendol

日本のものより氷がもっとフワフワしていて、見た目よりもあっさりしていましたよ。

中国語で、かき氷は「刨冰」と言います。

でも、中華圏のかき氷は、日本のものとはずいぶん違うようですよ。

日本のかき氷は氷とシロップのシンプルなものがほとんどですが、中華圏の刨冰の主流は具だくさんのもの。

フルーツやタピオカ、さらには芋類やお団子まで入っている刨冰まであるそうです。

と言っても、どんな「刨冰」なのか想像がつかないかもしれませんね。

そんなときに便利なのが「画像検索(图片搜索)」。

まずは、中国で一番使われている検索サイト、百度 (http://www.baidu.com/) を開いてみましょう。

検索ワードを入力する欄の上に、左から順に「新闻 网页 贴吧 知道 MP3 图片 视频 地图」と並んでいますね。

その中から「图片」をクリックしてみましょう。

 

tupiansousuo1そして、検索ワードに「刨冰」と入力。左の文字をコピーして貼付けると簡単ですね。

次に、「百度一下」というボタンをクリックすると・・・

tupiansousuo

フルーツが盛りだくさんの刨冰や、ナッツの乗った刨冰など、いろいろなかき氷が出てきました!

美味しそうな刨冰を選んでクリックしてみると、画像が拡大されて表示されますよ。

かき氷以外にも、先生から聞いて「どんなものなんだろう」と興味を持ったものがあれば、画像検索(图片搜索)でイメージすることができますね。

次のレッスンで試してみるのはいかがですか?

-シンガポール・マレーシア

この記事を書いた人

C-STUDY管理人。フリーランスのプログラマー+中国語通訳翻訳+ブロガーをやってます。中国語は独学でHSK8級+中検準1級。中国・中華圏を中心に東アジア~東南アジアが活動範囲です。もっと詳しく

共有する

これは役に立つ!面白い!と思ったら共有してくださるとうれしいです。シェアしていただけると、がぜんやる気がでます^^

C-STUDYの定期読者になりませんか?

ブログの更新情報をメールでお届けします。購読は無料、解除も簡単です。 読者数:244人

関連記事